2020年、スポーツの祭典で感動しよう。2020年、ピープルの仕事で感動させよう。

ピープルソフトウェアは、コンピュータシステムを通じて
ひとつでも多くの「感動を創出」することを目指しています。

大手企業のお客さまから厚い信頼を受けている
受託ソフトウェア開発の安定基盤の上に、
更なる価値=お客様に「感動」して頂ける、新しいサービスに
あらゆる世代の社員が取り組んでいます。


2020年、スポーツの祭典を共に楽しみ
2020年、ピープルの仕事をわれわれと共に盛り上げて下さい。


ピープルソフトウェアの魅力

新しい波乗りを楽しめ

新しい波乗りを楽しめ

確実に今までの閉塞感を打ち破るような新しい技術、新しい気分、新しい波が起きています。
我が社は積極的にその波に乗るばかりではなく、波を起こそうとしています。
それは、我が社の企業理念からも明らかです。 我が社に入社すれば確実に波乗りの機会があります。

多様な技術を学べ

多様な技術を学べ

これからは、技術といっても1つではなく、異業種との交流も含め、多様性が求められています。多様性を学ぶには、会社自体が、多様性を求めていないとその機会は得られません。





安定基盤があってこそ

安定基盤があってこそ

そうはいっても安定的な基盤があってこそ、新しい波に挑戦ができ、多様な技術が学べることはいうまでもありません。 当社は、ベネッセグループ、富士通グループという安定的な顧客基盤のもと、事業展開していますから、安心してください。

都会でも、地方でも、最新のビジネスを

地方にいながら、最新のビジネスができる

中央で最先端の情報を直に感じながら働く。
地方で足元を固めて働く。
最初は中央で様々な価値観、技術を磨き新しい価値を生み出す力をつけ地元にもどる。
ピープルソフトウェアなら、いずれも可能です。

PSCトップメッセージ 2019

ヒトがITをつくる ITで未来をつくる つくろう、未来を

「感動価値創出企業を目指す」
ITで未来をつくる、お客さまが想像もしていないほどの驚きの未来を提供したい、当社はそれを「感動価値」と定義しました。

当社の社名“ピープル”ソフトウェアとは、感動価値をつくる「ヒト」の集まり、当社は感動価値創出の場をみなさんにご用意しています。

そして、社員がここで働いて良かった。お客様もピープルと付き合って良かった。そんな“いいね”を増やしていきたいです。

そのために次の3つの方針を大切にしています。

1.人材に投資すること

人材への投資はどの会社も大切にされています。ただ当社にとっては、本当に大事です。個人の成長と会社の成長をできるだけ重ねる、ともに成長していく、そのための工夫を凝らしています。
その工夫の一つとして、当社は、独自の評価制度“RSG”(Ready Steady Go)を定めています。これは仕事の短期的な実績だけを評価するのではなく、普段のプロセス、スキルの蓄積も大事にしようとする仕組みです。

2.地の利を活かすこと

当社は倉敷・東京・大阪の3拠点を保有しています。それぞれの地の利を活かしながら、お互いに連携して運営しています。3拠点あるから面白い、この視点がイノベーション、感動価値を生み出すトリガーになると考えています。

3.チャレンジと安定、そして成長をいいとこ取りしていくこと

チャレンジしたい、安定したい、成長したい、こんないいとこ取りを実践しています。
まず、成長へのチャレンジとして、体験型サービス分野に早くから切り込んできました。つくるのはITではない、未来のサービスです。当社では自社で企画・開発・販売するサービスを次々に生み出し、成長にチャレンジしてきました。

次に、安定へのチャレンジでは、創業から35年以上にわたるお客さまとの長期継続取引、これらのお取引が永年安定している、それをご評価いただくこともあります。しかし、当社が重視しているのは次の安定です。

・日本の社会情勢に合わせ、あるいは予測しつつ、次々と新サービスを生み出すこと
・グローバルIT情勢の最先端でデジタルビジネス革新を急速に推進すること
・これらの情勢に後れを取らず、当社も先取りをねらってチャレンジし、安定して業績を上げていくこと

この3つの方針を実現するための感動価値創出のフィールドを当社はご用意しています
みなさまをお待ちしています

代表取締役社長 横道 彰