2020年、ICTでできることをもう一度考えよう。2020年、ピープルの仕事で感動させよう。

ピープルソフトウェアは、コンピュータシステムを通じて
ひとつでも多くの「感動を創出」することを目指しています。

大手企業のお客さまから厚い信頼を受けている
受託ソフトウェア開発の安定基盤の上に、
更なる価値=お客様に「感動」して頂ける、新しいサービスに
あらゆる世代の社員が取り組んでいます。

ピープルソフトウェアの魅力

新しい波乗りを楽しめ

新しい波乗りを楽しめ

確実に今までの閉塞感を打ち破るような新しい技術、新しい気分、新しい波が起きています。
我が社は積極的にその波に乗るばかりではなく、波を起こそうとしています。
それは、我が社の企業理念からも明らかです。 我が社に入社すれば確実に波乗りの機会があります。

多様な技術を学べ

多様な技術を学べ

これからは、技術といっても1つではなく、異業種との交流も含め、多様性が求められています。多様性を学ぶには、会社自体が、多様性を求めていないとその機会は得られません。

安定基盤があってこそ

安定基盤があってこそ

そうはいっても安定的な基盤があってこそ、新しい波に挑戦ができ、多様な技術が学べることはいうまでもありません。 当社は、ベネッセグループ、富士通グループという安定的な顧客基盤のもと、事業展開していますから、安心してください。

都会でも、地方でも、最新のビジネスを

地方にいながら、最新のビジネスができる

中央で最先端の情報を直に感じながら働く。
地方で足元を固めて働く。
最初は中央で様々な価値観、技術を磨き新しい価値を生み出す力をつけ地元にもどる。
ピープルソフトウェアなら、いずれも可能です。

PSCトップメッセージ

ヒトがITをつくる ITで未来をつくる つくろう、未来を

2020年を迎え、世の中の動きは激しさを増しています。 特に新型コロナウィルス感染症拡大抑止の為、企業にはこれまで以上に迅速かつ劇的な変革が求められています。それはデジタル技術を利活用した働き方の変革です。
当社では2020オリンピック・パラリンピックを見据え早くからテレワーク導入を推進して参りました。その為今回コロナ禍においてもスムーズに在宅勤務へ移行できました。
ただ世の中にはコロナ禍によって事業を縮小せざるを得なかったり、事業継続そのものが危ぶまれる業種・業態の方々もいらっしゃいます。今まさに我々のようなITベンダーの強みを活かし世の中の課題解決の一助となるべく行動すべき時です。

当社は大手企業の受託ソフトウェア開発を主軸に据えながらも、自社独自のプロダクトやサービスの開発・提供に力を注いでいます。 特に注力している分野は「体験型サービス業」におけるデジタル技術の利活用推進です。スポーツや文化、観光など人が集う場面において、ピープル独自のメソッドで今までになかった仕組みや仕掛けを作り、より高いレベル、より面白いサービスを提供することによって、新しい価値を創出しています。
ただコロナ禍においては従来のような人の集い方ができなくなっています。これから訪れるアフターコロナという時代における新たな体験型サービス業のあるべき姿を、当社の強みを活かしデジタル技術を利活用し、共に作り上げていきたいと考えています。

これまでの古い常識に捉われることなく変化に対し柔軟に、そして自由な発想で、新しい価値を創造していくのは学生の皆さんのような若い力です。当社では若いメンバーを中心に新しい技術や様々なデジタル技術の理解を深める社内勉強会や技術者同士のコミュニティ活動を積極的に推進しています。

やる気があれば年齢を問わず若いうちから様々な仕事や経験を積むことができるよう、ポストや評価制度を充実させています。個性を伸ばしやる気を尊重し、個人それぞれの強みや得意技が活かせる集団を目指しています。そんな人たちの存在こそ、ピープルのビジネスの可能性を広げていくのだと確信しています。

当社では社員の皆さんの自主性や自発性をとても尊重しています。例えば東京・大阪・岡山の各オフィス、実は社員の皆さんが自ら考え、自ら作ったオフィスになっています。“働きたくなる場WG”という活動を通じて、みんなの意見を反映し素敵な空間を作り上げる事ができました。働きやすさや使いやすさなど各エリアごとにコンセプトを考えて、快適な空間づくりにこだわりました。例えば、イノベーションエリアでは、カフェ風の休憩場所で使い方自由。打ち合せや飲み会の場、仕事の場として活躍するなど、社内外で大好評です。

社員がここで働いて良かった。お客様がピープルとつき合って良かった。

そんな“いいね”を増やしていきたいですね。

【代表取締役社長 横道 彰】