2020年、スポーツの祭典で感動しよう。2020年、ピープルの仕事で感動させよう。

ピープルソフトウェアは、コンピュータシステムを通じて
ひとつでも多くの「感動を創出」することを目指しています。

大手企業のお客さまから厚い信頼を受けている
受託ソフトウェア開発の安定基盤の上に、
更なる価値=お客様に「感動」して頂ける、新しいサービスに
あらゆる世代の社員が取り組んでいます。


2020年、スポーツの祭典を共に楽しみ
2020年、ピープルの仕事をわれわれと共に盛り上げて下さい。


ピープルソフトウェアの魅力

新しい波乗りを楽しめ

新しい波乗りを楽しめ

確実に今までの閉塞感を打ち破るような新しい技術、新しい気分、新しい波が起きています。
我が社は積極的にその波に乗るばかりではなく、波を起こそうとしています。
それは、我が社の企業理念からも明らかです。 我が社に入社すれば確実に波乗りの機会があります。

多様な技術を学べ

多様な技術を学べ

これからは、技術といっても1つではなく、異業種との交流も含め、多様性が求められています。多様性を学ぶには、会社自体が、多様性を求めていないとその機会は得られません。





安定基盤があってこそ

安定基盤があってこそ

そうはいっても安定的な基盤があってこそ、新しい波に挑戦ができ、多様な技術が学べることはいうまでもありません。 当社は、ベネッセグループ、富士通グループという安定的な顧客基盤のもと、事業展開していますから、安心してください。

都会でも、地方でも、最新のビジネスを

地方にいながら、最新のビジネスができる

中央で最先端の情報を直に感じながら働く。
  地方で足元を固めて働く。
  最初は中央で様々な価値観、技術を磨き新しい価値を生み出す力をつけ地元にもどる。
  ピープルソフトウェアなら、いずれも可能です。

トップメッセージ

変化の波乗りを楽しみたい

  当社は「感動価値創出企業を目指すこと」を経営理念としています。感動価値とは、お客様が想像もしていないほどの驚きの満足を提供することであり、それが当社の企業価値向上の源泉になり、生き残りに通ずることになります。

 では、感動価値を創出するにはどうしたらいいでしょうか。その要点は2つあります。
 1つはお客様も気がつかない潜在的なニーズに気がつくこと、2つめは常に新しい技術や発見に挑戦することです。

当社は、この感動価値を将来創出してくれる人材を求めています。また、そのための環境を用意しています。

(1)人に投資

 1つは、人に投資をしています。投資とは、変化に柔軟に対応でき、先を見越して自主的、能動的に準備できる人材を育成することです。そのために、3つの施策を打っており、結果として売上の1%の教育投資を行っています。この数字はIT業界の上位10%に入っています。

①RSG
 RSGという独自の評価制度を設けています。RSGのRはReadyの意味で、目先の仕事の評価ではなく、普段からどれだけスキルを準備し蓄えているかを評価します。したがって、若いからとかたまたまの担当だからなどに左右されず、チャンスがあります。一律入社4年目からRSG制適用となり、給与の中でRの比率を高くして、努力次第で、若いうちから給与の上昇が見込める制度としています。ちなみにSはSteady、GはGOでReady Steady Goです。

②資格制度
 当社の資格制度はお仕着せでは無く、新しいチャレンジを積極的に評価しています。会社で決まっている資格手当てだけで無く、社員が自ら自分や会社の将来を考えて必要だと思えばいつでも新しい資格手当てを申請できる仕組みを導入しています。

③教育
 評価や資格手当てを準備し、「育成は本人任せではいけません。RSGで本人のスキル状況を把握、足りない部分や補う必要のある部分を上司や人材育成室でも把握し、必要な教育を計画的に実施しています。例えば社外から講師を招き、毎月1日合計3日の集合教育などを開催し、様々な側面でスキルアップを応援しています。


(2)地方の人材を活かす

 今や、日本の将来は地域の活性化、地方創生にかかっているといっても過言ではありません。とりわけ、中央と地方の壁を取り除くインターネットを中心としたICTは、極めて重要な技術です。しかも、これからは、ICTを中央の目でみるのではなく、地方の目、地方において何が必要かといった目で見ることが求められています。
しかし、都会的な感性や最新技術を若いうちに磨く経験の場は、東京、大阪などの中央です。このような観点から、当社は地方の人材を積極的に採用、中央で働いて頂く体制を整えています。

(3)安定と成長戦略

 企業は、成長しなくてはなりません。成長してこそ人も育ち、人が育ってこそ、企業が成長する繰り返しです。したがって、当社は果敢に新技術、新ビジネスに挑戦しています。具体的には以下の分野で挑戦をしています。

①体験型サービス業分野
 物が溢れる現代において、スポーツ、旅行、エンタテイメント、学習などといった物ではなく事を体験するサービス産業の成長は著しいものがあります。当社は、早くからこの分野に目を付け、フットサル施設の予約、会員管理システム、Jリーグ、Fリーグのファンクラブシステム、ウォーキングラリーなどのスポーツ分野、観光地向けのスタンプラリー、音声ガイダンスなどの旅行分野、サッカーなどのスクール分野に力を入れており、全社売上の10%を確保するまでに成長しました。しかもこれらの売上は、システムという物の対価ではなく、システムを利用してもらってこその価値を対価とするクラウド・SaaSへのパラダイムシフトに挑戦した結果であります。これから当分野は、さらにSNSやスマートフォンなど若い人の感性が必要な取り組みが控えています。とりわけ、2020年の東京オリンピック開催は楽しみです。是非、若い力の応援をお願いします。

②地方創生分野
  すでに地方の人材を活かす話をしましたが、具体的に当分野に取り組んでいます。例えば、超高齢化社会を迎え、田舎にいる独居老人を都会の若者が見守るシステム、子供の安全を見守る子供の見守りシステムなどです。また、家族の絆が求められる昨今、田舎と都会の家族コミュニティシステム、体の不自由な方、お年寄りの方に安心して旅行を楽しんで頂けるバリアフリー旅行支援システムなどもこの範疇に入ります。是非、地方の目で新ビジネスに挑戦をお願いします。

 さて、新ビジネスに果敢に挑戦するには、それなりに安定した基盤がなければできないことです。当社は、2本の安定基盤があります。

①株式会社ベネッセコーポレーションおよびグループ各社様
 
当社は、本社は岡山ですが、同じ岡山本社のベネッセ様とは30年に渡る信頼関係にあり、当社の重要なお客さまであると同時に安定的なお客様であります。これからも教育をはじめ、生活、介護などあらゆる分野において全力でベネッセ様をサポートする所存です。

②富士通株式会社およびグループ各社様
 私が富士通出身であることもあって、富士通様とも30年に渡るパートナー関係にあります。その結果、ご縁ができたエンドユーザー様は、東京、大阪、中四国、九州など全国に及んでいます。現在、富士通様が取り組んでおられる新技術、新ビジネス分野は、当社のベクトルと同じものがあり、これからも共存共栄の関係でともに成長していくところであります。

 イノベーションとは、変化の機会を見つけることだとドラッカーは言っています。 まさに当社は30年余の積み重ねた基盤のもと、感動価値創出を目指す企業理念を掲げ、変化しようとしています。まわりの世の中も然りです。今や、あらゆる分野で変化が起きています。

是非、若い皆さんと変化の波乗りを楽しみたいと思います。

代表取締役社長 木暮 知彦